IL TEATRO DELL'OPERA千代田

日本の中心である東京都千代田区にオペラ団体の設立をと、2015年10月にIL TEATRO DELL'OPERA千代田を発足。

TEATRO(テアトロ=劇場)という名に人々が集い、交流を深めることによって地域の発展を促し、また文化の発信源としての役割を果たしていきます。


代表:安藤英市 Ando Eiici テノール歌手

桐朋学園大学音楽学部声楽専攻卒業、同大学研究科3年修了。後にイタリアへ留学。M.アウグスティーニ氏に師事しイタリア・ベルカントの技術を学ぶ。真のベルカント唱法を伝えられる期待のテノール。イタリアでは、「愛の妙薬」「椿姫」「セヴィリアの理髪師」「ドン・パスクアーレ」など数多くのオペラやコンサートに出演し好評を得る。2003年秋、6年間の留学を終え帰国。帰国後も、「ファウスト」「ラ・ボエーム」「トスカ」「ジャンニ・スキッキ」「蝶々夫人」「ルチア」「椿姫」「こうもり」「リゴレット」「アドリアーナ・ルクヴルール」「外套」「カヴァッレリーア・ルスティカーナ」「ドン・カルロ」「アンドレア・シェニエ」「仮面舞踏会」など主役タイトルロールを主に、ギターリストとのカンツォーネ・ライブなども好評を博している。G.ジャコミーニ・マスタークラス受講。現在、目白アルル音楽学園、朝日カルチャーセンター横浜「カンツォーネを歌う」、八千代緑ヶ丘「アリアを楽しむ会」、市川「Vivaカンツォーネ」講師。また現在、後進の指導やオペラのすそ野を広げるべく神田小川町にイル・テアトロ音楽院を設立。 

 

副代表:山畑晴子 Yamahata Haruko ソプラノ歌手

東京藝術大学声楽科卒業。‘07M.グリエルミ声楽講習会にて最優秀賞授与。‘07年より第1回、第2回国際プッチーニマラソンに日本人代表として出演。08年より短期で渡伊を繰り返し研鑽を積み、‘12年ローマ郊外の劇場でスタンディングオベーションを浴びる。‘09V.ベッリーニ「ノルマ」のタイトルロールでオペラデビュー、その後G.ヴェルディ「ドン・カルロ」のエリザベッタ、「仮面舞踏会」のアメーリア、G.プッチーニ「トスカ」、「マノン・レスコー」、「蝶々夫人」の各タイトルロール、「外套」のジョルジェッタ、P.マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」のサントゥッツァ、U.ジョルダーノ「アンドレア・シェニエ」のマッダレーナ等、プリマソプラノとして活躍中。

13年よりイル・テアトロ音楽院の運営に携わるhttp://ilteatroopera.music.coocan.jp/


<過去の公演>

■ガラ・コンサート&ヴェルディ作曲「アイーダ」ハイライト公演

 2016年2月27日(土) 日経ホール

 指揮/苫米地英一

 管弦楽/イル・テアトロ・フィルハーモニー管弦楽団

 合唱/イル・テアトロ合唱団

 ソリスト/中森美紀、奥村喜美子、中村良枝、志摩大喜、横山弘泰、高橋雄一郎(ガラ・コンサート)

      山畑晴子、石橋佳子、安藤英市、山口邦明、高橋雄一郎(アイーダ・ハイライト)